blog

屋根メンテナンス

2017.03.06

dscn7524
新潟は晴天がまずまず続きますね。
このチャンスを逃さず丁度10年が経ちました屋根のメンテナンスです。新潟に帰郷してからの処女作の住宅設計です。月日が経つのはあまりに早いものです。天窓は施主打ち合わせの際に説明を重ねますが、使用する場合はもしかすると漏水する可能性もある場所であることを前提で施工をさせていただいております。しかしながら天窓の魅力はその明るさと光質ですよね。廻り注ぐ空からの光は均一に室内を満たしてゆきます。ただ施工上はコーキング(=シーリング)で防水を保っているだけですので、シールが切れるとほぼNGとなり雨漏れの原因となります。大事になる前に万事、コーキングの打ち直しをしてメンテナンスを完了しました。

この度のお施主さんのように建物はその都度観察と愛着です。
少しずつでも段階的に手入れを施すこと推奨しています。

10年も経つとコーキングは劣化しています。
dscn7521
このページのトップへ