新発田の家

新潟市 | house

新発田の家

Shibata House

新発田らしい城下町の記憶が残る敷地である。土地を2分するように水路が走り古地図からお堀が確かめられた。水路を挟んで城側に土地が高く、母屋はその高台に位置づけられた。敷地の南側には雄大な飯豊連峰がつらなる。諸室は3,185m角のグリッドの中で、かつ2層に渡って配置されている。そのグリッドを雁状に配置した平面構成としている。 動線は水路からはじまり玄関へと渡り、階段を通して2階居間へと昇っていく。視線は昇華され、居間では連峰の眺望を取り込むことが可能だ。 その平面構成と動線計画を6角屋根で大らかに包んでいる。 土地には長年に渡り培ってきた記憶と地脈があり、それらの要素を素直に享受し端正に整える作業を施したに過ぎない。記憶の宿る住まいとして、新発田らしい感慨にひたる住まいである。

竣工 : 2008年3月

所在地 : 新潟市

用途 : 住宅

構造規模 : 木造

建築面積 : 183.93㎡

床面積 : 258.77㎡

写真 : 村井勇

completion : 2008.3

location : Shibata City, Niigata

program : house

structure : Wood

building area : 183.93㎡

total floor area : 258.77㎡

photo : Isamu Murai

このページのトップへ