坂井の家

新潟市西区 | house

坂井の家

Sakai House

砂丘。 その尾根、斜面、谷。新潟市西区の砂丘は車を走らせると誰もがたやすくその起伏を認知できるほどである。敷地も然り、海から緩やかに降りていく勾配上に位置する。初めて敷地を訪れた時、200坪の土地という大きさの認識よりも、その砂がいにしえから良き保存状態であることを確認できた。短時間で人々が築いた街区というグリッドを認知しつつ、俯瞰の目では、砂丘の砂という歴史のフレームを凝視した。 砂を踏みしめサーフボードを片手に海をこよなく愛する施主。 土地の魅力に縛られ、終始鳥の目になって敷地をイメージしては、そのままの砂を注意深く扱い、このまま残しませんかとの問いに施主も腑に落ちることも無く快諾してくれた。古代の砂をそのまま残しましょう、感じましょう、学ぼう、意識しよう。西区の住宅街でここだけは手付かずの砂丘を残している。敷地の南北は道路が手前と奥、2本あり、それらを土間で結び繋いでいる。その土間はピロティ空間となり、3口の入り口を併せ持つ。住宅への入り口、砂丘への入り口、サーフボードなどの趣味の間への入り口となる。さらに内部でこれらの3つの動線は回遊の中で繋がるように機能いしている。 古き砂と、海の砂と。施主の足の裏で繋がっている。

竣工 : 2018年10

所在地 : 新潟市西区

用途 : 住宅

構造規模 : 木造

建築面積 : 139.17㎡

床面積 : 147.77㎡

構造設計 :

田中哲也
田中哲也建築構造計画

写真 : 村井勇

completion : 2018.10

location : Sakai, Niigata City

program : house

structure : Wood

building area : 139.17㎡

total floor area : 147.77㎡

structure design :

Tetsuya Tanaka
Tetsuya Tanaka structure design office

photo : Isamu Murai

このページのトップへ