蒲原・繋の家

新潟市 | house

蒲原・繋の家

Kanbara House

スモールハウスの設計である。かなり狭小な土地ではあったが、駐車スペース・2台分の確保の前提より、道路側の中央に丸柱を1本据えて、両脇にパーキング空間を確保した。因って構造はキャンディレバーを可能にする鉄骨造で提案し、コストを考慮して外壁と屋根は木下地とした。木造と鉄骨とをジョイントしたハイブリッド構造としている。鉄骨の施工図に緻密な木構造の仕口となるアンカーをプロットし、大変な施工図のやり取りの賜物である。敷地状況は、裏手に蒲原町特有の路地があり、大通りと路地とを繋いで空間どうしを紡いている。裏手に抜ける楽しみが宿る。敷地は小さく建物もコンパクトではるが、完成までに多様なプログラムと職種との相互関係からも成型された住宅である。人々の素敵な行動が繋かれた居住空間から、蒲原・「繋の家」とした。

竣工 : 2011年2月

所在地 : 新潟市

用途 : 住宅

構造規模 : 鉄骨造

建築面積 : 55.14㎡

床面積 : 84.91㎡

構造設計 :

岡村和臣
岡村設計室

写真 : 徳本賢洛

completion : 2011.02

location : Niigata City, Niigata

program : house

structure : Steel

building area : 55.14㎡

total floor area : 84.91㎡

structure design :

Kazuomi Okamura
Okamura design room

photo : Kenrak Tokumoto

このページのトップへ