blog

嘉山の家 外装確認

2019.03.01

DSCN9734

監理をする嘉山の家まで足を運ぶ。
本日足場が取れるとのコト。
多忙の一日を経て業務の末・夕刻に間に合う。
日も暮れてコントラストを十分には見分けるに至らず、が、
ほのかに白と灰の外装色を確認できました。
引渡しまでの道のりは3週余り。
重なる業務のなか、走り続けること切りはありませんが、
少し時間を作ってコーヒーでも呑みましょうか、各々の建築空間に対峙します。

DSCN9728

このページのトップへ