blog

可視化

2019.09.23

DSCN0531

しもまちぐるみ
気の合う友人を招いてワークショップを主催。
「野鳥と植物が身近にないと」

目当ては、思いがけない身近な存在に気づくこと。
時代は、可視化されない世界の中をどこまでも先にゆけますが
自分自身のの耳や目、手を頼りに、まちなかにひっそりと構える自然に対し、
わたしたちの触覚を研ぎ澄ますと、そして集中すると、
すぐ近場に複雑な生態系を垣間見ることができる。
「きみたちは転生を繰り返し、繁殖し、代を築く」
ワークショップに参加したみんながそのプロセスの瞬間を共有する。
パーソナリティは、東京から、
鳥担当、株式会社とり とり社鳥氏、と
植物担当 植物観察家 鈴木純氏。
二人の膨大な知識が参加者たちの五感をくすぐり続ける。
また次回の再会をお約束して、来年の雪解けと共に、
また新潟へ遊びに来てくれます。
興味のある方はまた来年ぜひぜひ。

今日も鳥たちのさえずりが可愛らしく、
植物の幾多の色とカタチが愛おしい。

DSCN0532

DSCN0535

DSCN0526

DSCN0521

DSCN0490

DSCN0486

DSCN0455

DSCN0447

DSCN0421

DSCN0363

3

このページのトップへ